無限の拡張性、エラスティックな企業向け
セキュアクラウドプラットフォーム

Druvaのエラスティック・クラウド・プラットフォームは情報のアーカイブ、
検索 、配信をスケーラブルでセキュアにサービス提供するよう設計された
クラウド指向アーキテクチャ (COA) です。

製品デモを見る

分散クラウド ファイルシステム

Druvaの分散クラウドファイルシステムは非構造化データ用のスケールアウト型※1ストレージアーキテクチャを提供します。クリーンなメタデータとデータ分離による従来とは全く異なる仕組みです。
※1: ストレージ装置筐体内でのみディスク増設できるスケールアップ型とは異なり、複数台のストレージ装置を接続して性能増強できるストレージ

  • 保存 – オブジェクトベースのストレージシステムは無限に拡張でき、直接高速アクセス可能であり、自己回復も可能です。
  • 整理 – メタデータサーバーは単一インスタンスを管理する高速分散データベースを使用し、インスタンス内の全データの時間インデックス化されたビューを提供します。
  • 配信 – パブリッククラウドまたはプライベートクラウドに実装可能なアーキテクチャにより、妥協のないスループットで複数のワークロードを並列に処理します。
Druvaのオンデマンド拡張性に関する詳細を見る >

大手パブリック クラウド インフラストラクチャを活用

Druvaは業界をリードするパブリッククラウドプロバイダによる効率性、世界規模の適用範囲、実 装技術を活用し、類のない柔軟なストレージを提供します。Amazon Web ServicesとMicrosoft Azureの双方の利点を活用することで、Druvaは世界規模で前例のないパフォーマンスとキャパシティを実現します。

  • 地域ごとのオンデマンドオブジェクトストレージ: データレジデンシー対処のため30以上 の地域から選択でき、即座に利用可能。
  • 業界最高の耐久性と信頼性: 地域ごとに複数のデータセンターを持つオブジェクトストレ ージにより、データ整合性と高可用性を確保
  • 最高レベルの認定: すべてのデータセンターはSOC 1, SSAE 16, ISAE 3402, SOC 2, SOC 3, PCI-DSS Level 1, ISO 27001の各種認証を取得
  • ステートレスな弾性: 利用中の需要増加や減少、新規拠点追加、大規模デバイス更改管理 に対して拡張性およびデータセキュリティを提供

セキュアな設計

Druvaのエラスティック・クラウド・プラットフォームはエンドポイント上および通信経路上でエンドツーエンドのデータセキュリティを提供するよう設計されています。

  • データ保管時: DLPを使用したデバイスおよびクラウド上では256ビットのAES暗号化によ ってデータ保護されます。さらに独自の二要素暗号鍵管理により、厳格なデータプライバシーが保証されます。
  • 通信経路上: 転送時のデータはTLSによる256ビット暗号で暗号化されます。プライベート クラウドではエッジサーバーのアーキテクチャを使用することでアクセス保護されます。
  • インフラストラクチャ: パブリッククラウドはSOC 1/SOC 2認定された最先端のデータセ ンターにデプロイされています。さらにすべてのオペレーションプロセスはISAE 3000の監査を受けており、EUセーフハーバー要件を遵守しています。
Druvaのエンタープライズグレードセキュリティについて詳細を見る >

企業の要件を満たす各種認証

ファイアウォールを経由するデータ向けに設計

Druvaは企業ファイアウォールの内側と外側のデバイス上のデータを保護

モバイルやサーバーのデータをバックアップしているか否かを問わず、Druvaのエラスティック・クラウド・プラットフォームはデバイスの使われ方が不明、ネットワークがセキュアでない、利用できる帯域が狭い、といった予測できない事象を対処するよう設計されています。

  • デバイス上のエージェントによってインテリジェントなデータ重複排除がエッジにて直接実施されます。組織全体のサーバーとユーザーデバイス間でデータの重複排除が行われます。
  • 自動的に利用可能帯域やCPUリソースを調整する高度なWAN最適化により、効率的なデータ転送が行われます。
Druvaのグローバル重複排除について詳細を見る >

柔軟なデプロイ

Druvaのエラスティック・クラウド・プラットフォームは組織独自の環境に合わせて、ストレージおよび分散データベース技術を選択しながらパブリッククラウドとプライベートクラウドの両方のアーキテクチャでデプロイできるよう設計されています。

  • パブリッククラウド – AWS (オブジェクトストレージのS3とデータベースのDynamoDB) およびMicrosoft Azure (オブジェクトストレージのAzure BlobとDruva分散データベース)
  • プライベートクラウド – オブジェクトストレージ用にOpenStack SwiftやEMC Atmos、ま たは小規模導入では単純なNASストレージシステム
  • ハイブリッド – いずれかのオブジェクトストレージとデータベース技術の組み合わせ
Druvaのデプロイオプションについて詳細を見る >

データセンタークラスの可用性とガバナンスソリューションをお試しください

業界トップの統合データ保護にアクセス

無料トライアル