クラウドアプリケーションのデータ収集とアーカイブ

Office 365データに対する完全な可視化と制御

製品紹介を見る
Dashboard

Microsoft Office 365などのクラウドアプリの急速な普及により、IT部門は複数のデータソースにわたるデータの紛失やガバナンスといったリスクへの対処をしなければならなくなっています。inSyncはモバイルアプリおよびクラウドアプリ向けにデータの可用性とガバナンスを一元的に統合できるため、企業はエンドユーザーの生産性とコーポレート・ガバナンスの両方を満たしつつ、ユーザーデータのコントロールを取り戻せるようになります。

一元化された統合情報ガバナンス

Office 365とinSyncの統合により、企業はエンドユーザーのデータを単一のアクセスポイントで表示および管理できるようになり、データを見つけるために複数の異なるシステムを探し回る必要がなくなります。inSyncはデータを追跡、保全、監視するプラットフォームを提供し、コーポレート・ガバナンス要件を満たすために法規制の遵守義務を支援し、分散データを管理するための集約ルートを提供します。

  • 横断検索により、管理者は全ユーザーの全デバイスおよびOffice 365全体にわたって任意のファイルを探し出すことができます。
  • ユーザーおよび管理者に対する改ざん不可能な監査証跡 により、コンプライアンス施策に向けて組織内のすべての活動に関して透明性、追跡性、説明責任を提供します。
  • 即時データ復元により、保存義務を果たせるようすべてのサービスでエンドユーザーによる機密データの偶発的な削除を元に戻すことができます。

クラウドアプリケーションデータ向けのeDiscovery簡素化


DruvaのeDiscoveryパートナー

Druva inSyncはパソコン、モバイル機器、Office 365に分散した企業データをユーザー干渉なしに収集する業界初の統合ソリューションです。inSyncはすべてのデータソースを結合し、リーガルホールドを管理するシングルダッシュボードを提供します。また下流工程のためにデータへ直接、安全なアクセスを提供することで電子情報開示プロセスを簡素化します。

  • 横断アクセスにより、IT部門や法務部門はデータ保持者に影響を与えることなくデータを検索、閲覧、管理できます。
  • 組み込みのリーガルホールドワークフローにより、法務部門は関連する対象データの収集、保存を容易にします。
  • データを直接保存することで、最初にデータをエクスポートする必要がなくなり、エンドユーザーのサービスを中断しません。
  • セキュアなファイルシステムアクセスにより、法務部門の追加レビューのためinSyncリポジトリから電子情報開示プラットフォームへ直接の取り込みが可能です。

ユーザーデータの長期アーカイブ保存

複数のデータソースにわたってデータを管理することは、各システムが独自の意味合いを持つためIT部門にとって長期アーカイブ向けのデータ保持や格納がより複雑になります。inSyncにより組織はソースをまたがってユーザーごとにデータを集中管理し、必要に応じて保存することが可能です。

  • コーポレート・ガバナンスの義務遵守に必要な限りすべてのユーザーデータ保存されます。
  • コンプライアンス回答に必要なデータを識別するため、データおよび監査証跡履歴を検索
  • 法的対処で誤ってデータを消去しないよう保全します。 リーガルホールドで保全されたデータは従業員が退社した後も保持します。

エンドツーエンドのデータセキュリティ

Druva技術解説: 二要素暗号化

Druvaは業界では類を見ないデータセキュリティ保護への多層的なアプローチをとっています。組織はデータセキュリティと現地のデータプライバシー要件の両方に対応できます。

  • 独自のスプリットキー暗号化とデータスクランブル化により、鍵を管理する必要なくデータをクラウド内に適切なセキュリティで保持できます。
  • 裁判所の命令があったとしても、いかなる場合もお客様のデータはDruvaがアクセスすることはできません。
  • 11か所が選択可能なAWSのグローバルなストレージリージョンを使用することで、inSyncのセキュリティモデルでは各地域のデータ保管場所やプライバシー問題に対処します。

データセンタークラスの可用性とガバナンスソリューションをお試しください

業界トップの統合データ保護にアクセス

無償トライアル