モバイルワーカー向け
バックアップ

いつでも、どこでも、どのデバイスでも企業データを保護

製品紹介を見る
Dashboard

モバイルワーカーの急増によりビジネスの機密データにおけるIT可視性が薄まり、情報漏えいやセキュリティ侵害の可能性が高まっています。inSyncはシームレスなエンドユーザーエクスペリエンスを提供しつつ、複数のオペレーティングシステム、ネットワーク、デバイス間でデータを保護および管理する統合ツールを使用することでIT管理者にコントロールを取り戻します。

膨大なデータ削減と超高速バックアップ

inSyncの特許取得済みのグローバル重複排除により高速で軽量なバックアップを実現し、ストレージや帯域を最大80%削減します。他のモバイルデータバックアップ技術より劇的な効果が得られます。

  • グローバル重複排除によりすべてのユーザー間でデータの冗長性を排除し、より少量で高速なバックアップを可能にします。
  • HyperCacheにより、数千ものエンドポイントとサーバー間においてスケーラブル、高速、効率的なデータ交換を可能にします。
  • 高性能バックアップにより、必要な帯域を最大80%削減し、いずれのネットワークを経由してもデータ保護を実現します。
inSyncグローバル重複排除による削減効果を計算 >

Druva技術解説: 重複排除の説明

すべてのデバイスをバックアップ

inSyncは重要なデータがどこに存在しても保護を可能にする統合データガバナンスおよび可用性ソリューションを提供します。

  • 継続バックアップにより、企業が配布したデバイスやBYODのデータを保護します。
  • ペルソナバックアップにより、管理されたOSの簡単な移行やデバイス再配布のための個人設定を保存できます。
  • 任意のデバイスからデータへの即時アクセスにより、ダウンタイムを最小化し、ユーザーの生産性を最大化します。

接続に信頼性がなくても大丈夫

inSyncはモバイルワーカー向けに設計され、ネットワーク速度が変化する環境でもバックアップと復元を確実に成功させるためユーザーへの影響なしに最適化します。

  • マルチスレッドのバックアップと復元により、利用可能な帯域を効率的に使用し、高速データ転送を実現します。
  • 自動再開機能により最初からやり直す必要なくデータ転送が行われることで、ユーザーの不満が解消され、データ保護が継続されます。
  • ネットワーク設定により、最適なサービスを提供するためにどのネットワーク種別が利用できるかをIT部門が設定できます。

“Druva inSyncを使用することでストレージと帯域を75%削減できました”

Jorge Mata

LACCD社 最高情報責任者 (CIO)

エンドユーザー満足度と生産性

バックアップはユーザーエクスペリエンスを妨害したり、サービス侵害する要因となったりと煩わしいものであってはなりません。inSyncは生産性を最大化するため対話なしに実行され、即時データアクセスを提供します。

  • CPU優先度の設定や帯域使用量を調整でき、最適なエンドユーザーエクスペリエンスで透過的な操作を実現できます。
  • 専用クライアント、Web、モバイル経由でいつでもどこからでもアクセス可能な継続的データ保護により、生産性を最大化します。
  • 直感的なセルフサービスの復元機能により、ユーザーはデータ損失や新しいデバイスへの切り替え後でもすぐに作業を復旧することができます。

自動化、集中化、統合化

inSyncはモバイルデータを一元的に保護および管理し、IT部門の負荷を低減します。

  • 一元管理によりIT部門はすべてのデバイスのあらゆるバックアップの管理を可能にします。
  • 自動インストールおよび一括導入により、ユーザー操作なしに導入展開が行えます。
  • 組織全体を網羅するポリシー、アラート、レポートにより、バックアップと復元を簡単に設定・監視でき、IT部門はデータを完全に可視化できるようになります。

ポリシー、ADマッピング、導入について詳細を見る

データセンタークラスの可用性とガバナンスソリューションをお試しください

業界トップの統合データ保護にアクセス

無償トライアル