クラウドで構築される最新のDR、
バックアップとアーカイブ

クラウドで構築される最新のDR、バックアップとアーカイブ

Druva Phoenix

物理および仮想インフラストラクチャ向けの統合DR、バックアップ、アーカイブはAWS上で動作するDruvaの高セキュリティ、大企業向けに実績のある、高性能なクラウドプラットフォーム上で構築されています。

エラー発生や高負荷な手動アプローチを必要とせず、物理サーバーや仮想サーバーのデータを使いやすい一元管理とともに効率化を図ります。Phoenixにより、バックアップやアーカイブのコストを大幅に削減しつつ、無限のスナップショットと柔軟な保存ポリシーを使用してデータを無制限に保管することが可能です。

パブリッククラウドの規模とセキュリティ

従来のバックアップ・インフラストラクチャにはデータの処理や保存に関連した制限が非常に多くありました。DruvaのクラウドアーキテクチャはS3とGlacierというAWSストレージ技術を活用してワークロードを制限なくサポートするため伸縮自在に拡張可能です。クラウドのセキュリティに関しても心配無用です。強力なセキュリティモデルにより、どのような状況でもデータのプライバシーを保証します。

業界最高の重複排除

クラウドへのデータ保管では、帯域に制限のある場所向けにも設計されたデータ管理アーキテクチャが必要です。クライアント側ですべてのデータをグローバルに重複排除することで、Druva Phoenixはクラウドにデータを送信するために必要な帯域を最適化します。バックアップ対象データを組織内の過去の全データによって重複排除することで、バックアップは非常に高速に完了します。

すべてのサーバーを単一ソリューションで

今日のバックアップ市場では、一部のベンダーは物理サーバーのバックアップに優れ、他のベンダーは仮想化環境に注力しています。物理と仮想をまたぐPhoenixはサーバーのすべてのワークロードを保護するのに最適です。

TCOの劇的な削減

クラウド型アプローチと無制限の柔軟な保存ポリシーにより、Phoenixは従来のソリューションよりも非常に優れたTCOを実現します。単純明快な「使用した分だけ払う」という価格体系は、アーカイブデータ向けの低額な課金レートにより必要な分だけ効率的にデータを保存できることを意味します。バックアップデータは顧客により定義された保存ポリシーに基づいてAmazon S3に永続的に保存されるとともに、アーカイブはシームレスにGlacierに生成されます。PhoenixはCFOに好まれる長期ストレージです。

  • ハードウェアコスト不要 (ハードウェア、保守、テープ)
  • テープ収容保管サービス料金不要
  • ソースデータに基づく低ソフトウェアコスト

お客様の声

TechFlow

「今では数日ではなく数時間で復元することができるようになりました。非常に効率的で管理が簡単です。」

— 主任システム管理者 ホセ・オルティス氏
ケーススタディを見る
syncreon

「(Phoenixは) 簡単… 最も簡単な製品の一つです。言うことありません。」

— グローバルインフラストラクチャサービスディレクター マーク・パートリッジ氏
ケーススタディを見る
Cal-Comp

「Phoenixの導入は本当に簡単でした。私はほとんど何もする必要がありませんでした。サーバー上にクライアントをインストールして放っておいただけな気がします。」

— ネットワーク管理者 ライアン・バック氏

簡単なリモートオフィスのデータ保護を試しませんか?

ホット、ウォーム、コールドのクラウドバックアップ統合ソリューションにアクセスしてください

無償トライアル