シンプルで明瞭な従量課金

実効価格はギガバイトあたり月額1円以下より*。詳細はお問い合わせください。

Businessお問い合わせ Enterpriseお問い合わせ Eliteお問い合わせ
Linux および Windows ファイルサーバー Yes Yes Yes
SQLサーバー Yes Yes Yes
VMware Yes Yes Yes
グローバル重複排除 Yes Yes Yes
自動アーカイブ Yes Yes Yes
VMwareファイル単位の復元 Yes Yes Yes
CloudCache   Yes Yes
マルチサイト管理   Yes Yes
マルチリージョン   Yes Yes
Cloud災害復旧/
テストと開発
  Yes
データの分析と検索
(将来予定)
    Yes
U.S. GovCloud  
  お問い合わせ お問い合わせ お問い合わせ
Businessお問い合わせ
Linux および Windows ファイルサーバー Yes
SQLサーバー Yes
VMware Yes
グローバル重複排除 Yes
自動アーカイブ Yes
VMwareファイル単位の復元 Yes
CloudCache  
マルチサイト管理  
マルチリージョン  
Cloud災害復旧/テストと開発  
データの分析と検索 (将来予定)  
U.S. GovCloud  
  お問い合わせ
Enterpriseお問い合わせ
Linux および Windows ファイルサーバー Yes
SQLサーバー Yes
VMware Yes
グローバル重複排除 Yes
自動アーカイブ Yes
VMwareファイル単位の復元 Yes
CloudCache Yes
マルチサイト管理 Yes
マルチリージョン Yes
Cloud災害復旧/テストと開発
データの分析と検索 (将来予定)  
U.S. GovCloud
  お問い合わせ
Eliteお問い合わせ
Linux および Windows ファイルサーバー Yes
SQLサーバー Yes
VMware Yes
グローバル重複排除 Yes
自動アーカイブ Yes
VMwareファイル単位の復元 Yes
CloudCache Yes
マルチサイト管理 Yes
マルチリージョン Yes
Cloud災害復旧/テストと開発 Yes
データの分析と検索 (将来予定) Yes
U.S. GovCloud
  お問い合わせ

* – 実効価格はハードウェアとソフトウェアライセンスの費用の増分を含む従来型ストレージ手法を使用して消費される合計ストレージ量をベースに計算されます。

使用した分だけ支払い

Druvaでは使用するストレージの分だけ課金されます。これ以上は何もありません。携帯電話の課金のように、すべてのストレージを使用しなかった場合、次の期間に使用できるようストレージ使用量が「くりこし」されます。もちろん、多く使用する場合は必要に応じて追加のストレージを購入できます。

支払いを最小限に

Druvaの特許取得済みのグローバル重複排除技術と、永久増分バックアップにより、保存データ量が最小化されます。その結果、支払費用も最小化されます。

実効価格が重要

実効価格は、長期間保存されたデータの全体的な費用を表します。保存データ量、データ増加量、ハードウェアおよびソフトウェアの費用など、支払う必要のあるすべてに関してまとめた費用になります。Druva Phoenixのストレージ効率はこれまでにないコスト節約が実現でき、現在支払っているものと比較したギガバイトあたりの実効価格は月額1円未満となります。