クラウドベースの
ディザスタリカバリ (DR)

低価格で安心のデータ保護

製品紹介を見る
Dashboard

ほとんどの組織にとって、ディザスタリカバリ (DR) 計画は高価で大量のリソースを消費する取り組みになるため、多くの組織にとって実現不能となり、業務に重大なリスクを残します。Druva Phoenixはこれらの障害を排除するためにクラウドを活用したバックアップ、復元、DRの統合ソリューションを提供し、組織が迅速かつ容易に業務サービスを提供できるようにします。

わずかな費用で実現する万人向けのDR

データ保護とディザスタリカバリを統合

組織はバックアップ、アーカイブ、DRの要件に対して別々に管理する必要がある単一ソリューションを個別に購入する必要はありません。Phoenixはこれら個別サービスを統合することで、単一の環境でコストを最適化するとともに管理を簡素化し、組織の効率を向上させることができます。

高速で低価格のディザスタリカバリ

Phoenixは素早く簡単なセットアップかつ低価格なソリューションを必要とするあらゆる企業に対してDRを手が届くものにします。クラウドベースのDRにより、インフラを購入する必要がなく、管理が最小限となり、数分以内のRTOが実現します。テストはボタンをクリックするだけの簡単さです。

インフラの悩みのないDR

VM環境向けのダイレクトツークラウド (Direct-to-Cloud) バックアップおよび復元を使用して、Phoenixは数分以内でVMスナップショットのフェイルオーバーとDRを高速セットアップできるようにします。AWS上でVMを立ち上げフェイルオーバーを開始するには単純にクリックするだけで終わります。追加コストのかかるインフラは不要です。

顧客管理のフェイルオーバー環境

DRaaSプロバイダの環境へフェイルオーバーを行う通常の方法とは異なり、Phoenixは事前設定されたVM (変換されたAMI) を顧客が管理するAWS VPC環境に直接プッシュします。どういうことかというと、顧客組織の設定基準を失うことなくネットワークとセキュリティをフェイルオーバーさせ、動作アカウントとそのデータへのアクセスは顧客のみが持つことになります。

データセキュリティの心配は無用

データは最もセキュアなクラウドに

Phoenixは最も安全なクラウドインフラストラクチャ、ポリシー、手順を提供するために、Amazon Web Services (AWS) の高い信頼性を活用しています。AWSはSOC 1 (従来のSSAE16、SAS 70) を含む多数の第三者認証を取得しており、DruvaのクラウドオペレーションはISAE 3000 Type 2認証およびHIPAAなどに準拠しています。つまり、安心できるソリューションなのです。

顧客のみがデータにアクセス可能

他のクラウドソリューションとは異なり、Phoenixは安全性の高い二要素暗号化システムを採用しており、ユーザーのデータはユーザーのみが復号化できます。データプライバシーにおけるこのユニークなアプローチはDruva (メーカー) が暗号キーにアクセスできないことを意味し、たとえ召喚があったとしてもDruvaは顧客データにアクセスすることはできません。

世界規模のデータプライバシーの懸念も問題なし

AWSはデータ保存用として世界中に12箇所のリージョンを提供し、さらに増える予定です。顧客はPhoenixのコンソールからリージョンを直接選択でき、データはそのリージョン内にとどまります。Druva独自の二要素暗号システムと連動して、世界中のデータ保護要件を遵守してデータが保持されます。

ネットワークに優しいDR向けバックアップパフォーマンス

グローバル重複排除+変更ブロック追跡=効果的なRPO

Phoenix独自のグローバル重複排除技術により、重複データの不要な転送や保存を行わないようにすることで、最大80%の帯域とストレージ領域を削減します。VM環境の変更ブロック追跡 (CBT) と連動して数時間や数日ではなく数分のRPOが実現します。

サーバーを考慮した設計

「クラウド向けの構築」とは、他のソリューションより20倍高速な100Mbpsスループットを実現するために並列化データ転送によるパフォーマンス最適化、高帯域の可用性、Amazon AWSインフラストラクチャ拡張機能の利用を指します。

グローバルデータ重複排除と100Mbps転送速度によりRTOおよびRPO目標を実現

バックアップを革新し、コストを最小化

高価なセカンダリデータセンターを廃止

従来のDRアプローチは多額の間接費などの経費がかかり、秒単位のフェイルオーバーを必要とする高トランザクション環境でのみ現実的であるのが一般的です。Phoenixは他の99%のサーバーを対象に合理化されたDRとフェイルオーバーサービスを提供します。

余計なものが不要なテストと開発

DRが必要な場所に立ち上げ可能なAMIにVMを変換するPhoenixの簡単なプロセスは、テストや開発に対して同じワークフローを適用することができます。Druva Phoenixの使用により、本番環境にプッシュする前に新バージョン、パッチ、開発の変更をインフラストラクチャに追加投資することなくテストすることができます。

従業員が重要なプロジェクトに注力し続けられるように

他の組織と同じように限られたスタッフでリモートサイトのバックアップとDRを管理している場合、予測不能で高額なものとなるかもしれません。Phoenixは集中管理ソリューションを提供することで現地に管理者を派遣することなく組織の負担を減らせるようにします。

同じデータの保存に何度も支払う必要はありません

従来型のバックアップ、アーカイブ、DRでは、複数のデータコピーを保存するために、また複数ベンダーのサービスに対して費用を払っています。Phoenixは複数のデータ保護サービスを一つのソリューションに統合し、グローバル重複排除やVM向けの変更ブロック追跡、永久増分バックアップにより、ストレージ容量やネットワーク帯域の使用率が最適化されます。この結果、データの単一コピーによる大幅なコスト削減と業務リソースの利用率改善が実現します。

データセンタークラスの可用性とガバナンスソリューションをお試しください

業界トップの統合データ保護にアクセス

無償トライアル