エンドポイントやクラウドアプリ
まで電子情報開示対象を拡張

可視化と電子情報開示のため情報を一元的に収集して分類

製品紹介を見る
Dashboard

モバイルワーカーの急増によりIT部門による可視化やアクセスが難しくなり、電子情報開示が高価で時間のかかるプロセスとなっています。No.1評価のinSyncは企業向けのシンプルで統合化された電子情報開示システムを提供する唯一のデータ可用性・ガバナンスソリューションです。

Druvaのソリューションパートナー:

分散データのコントロールを取り戻す

場所に関わらずエンドユーザーデータを捕捉

inSyncはモバイルワーカー向けのデータを保護するために設計され、すべてのデバイスとOffice 365のようなクラウドアプリケーション間でシームレスにデータを捕捉します。inSyncをバックグラウンドで実行すると、中央リポジトリに分散データを集約し、損失や漏えいからデータを保護するとともにIT部門に完全な可視化を提供します。

inSyncによる分析の詳細を見る

デバイスやクラウドにまたがるデータを簡単に検索

集中型モバイルデータアクセスにより、組織はinSyncの横断検索を使用してデータの場所、つまりどのデバイスか、どのクラウドアプリか、さらに地理的な位置情報を特定することができるようになります。

常時データ保護

inSyncの常時データ保護では時間とともにファイルのスナップショットが保存され、組織は過去のバージョンのファイルを簡単に検索できるようになります。さらに削除されたファイルや退社した従業員が保持していたファイルも検索可能です。

inSyncのエンドポイントバックアップについて詳細を見る >

リーガルホールドへの迅速な対応

リーガルホールド対象を保全

inSyncによりIT部門は法務部門からの問い合わせに迅速に対応できるようになります。横断検索やリストのインポートによりカストディアン(情報所有者)を特定したのち、組織は収集データをリーガルホールド対象とし、保存ポリシーを一時停止してコンテンツを所定の位置に保存します。これによりコンテンツは安全に保存され、検閲で必要になるまで変更させなくすることができます。

電子情報開示システムへの保全データ取り込み

法務部門が電子情報開示システムへ保全データを転送する準備ができると、inSyncは保存されたデータを検閲するため法務管理者がアクセスできるようにし、ネットワーク経由で取り込みができるようにします。いくつかの簡単な手順で、検閲やタグ付けなど法務手続きの下流工程を開始することができます。

inSyncによるリーガルホールド管理の詳細を見る >

コンプライアンス対策でデータ使用を制限

ポリシーによるデータ操作の制御

inSyncにより、IT部門はデータの収集、アクセス、共有に対してきめ細かなポリシー制御を確立することでコンプライアンスを確保できます。管理者は個人ごと、または類似したユーザーのグループごとにポリシーを設定し、収集を行う頻度、ユーザーによる私的デバイスからのデータアクセス、組織外部とのデータ共有などを制御することができます。

ガートナー社のSheila Childsによる理想的なデータガバナンス戦略の説明

データのすべての使われ方を監視

規制のある企業で広く使用されるシステムとして、inSyncはシステム内部に保存されアクセス可能なコンテンツの完全な監査証跡を保持します。これら監査証跡はすべてのエンドユーザーおよびIT管理者の操作を含み、適切な情報管理手順に遵守できるようにするため改ざんすることができないようになっています。

inSyncのデータガバナンスについて詳細を見る >

データセンタークラスの可用性とガバナンスソリューションをお試しください

業界トップの統合データ保護にアクセス

無償トライアル