リモートオフィス向けクラウド
バックアップとアーカイブ

統合ソリューションにより従来型バックアップと
テープ保存の複雑さを解消

製品紹介を見る
Dashboard

クラウドはリモートオフィスのバックアップを実行する代替案として、費用対効果が悪くサポートも容易でない面倒な従来の多階層システムを移行できるようになってきました。Druva Phoenixは今日のITニーズを満たすためクラウド向けに構築された、業界初の統合クラウドバックアップおよびアーカイブソリューションです。

予定通りに実行するサーバーバックアップ

サーバーを考慮した設計

クラウド向けの構築とは、他のソリューションより20倍高速な100Mbpsスループットを実現するために並列化データ転送によるパフォーマンス最適化、広帯域の可用性、Amazon AWSインフラストラクチャ拡張機能の利用を指します。

不可能と思われた実効スループット

Druvaの特許取得済みグローバル重複排除テクノロジーにより重複データの転送と保管の冗長を防ぎ、必要な帯域とストレージを80%程度削減し、最大1Gbpsの実効転送速度を提供します。

最小限のバックアップウインドウ

限定的または予測不能な帯域でリモートオフィスのサーバーを使用する場合、クラウドへの直接バックアップが最適なソリューションではないこともあります。オプション提供されるオンサイトアプライアンスのPhoenix CloudCacheは、WANに適したスケジュールでクラウドへ同期させるLAN速度のバックアップを実現する代替ソリューションを提供します。

Druva Phoenixによるリモートオフィスデータ保護の変遷方法を知る

厳格なRTOやRPOに対するスピードと柔軟性

サーバーを常に準備万端な状態に

最小限のRTOを達成するために、クラウドのウォームストレージから復元させるか、ローカルデータキャッシュ経由でLAN速度の復元を実現するPhoenix CloudCacheを利用することができます。CloudCacheはクラウドとのWAN帯域を効率的に利用しながら、柔軟なスケジューリングを提供し、オンプレミスで30日以内のホットスナップショットを保存します。

より柔軟に復元ポイントを作成

RPOは技術的限界によって妥協されるべきではありません。Druvaのグローバル重複排除、永続増分バックアップ、オンサイトキャッシングにより、組織はより早く、より多くのバックアップが行え、データ損失インシデントの可能性を最小化することができます。

バックアップを最新化し、コストを最小化

高価なテープやトラックを廃止

従来の多階層バックアップモデルでは時間の経過とともにあっという間にデータが蓄積されてしまい、保存量が指数関数的に増加して高額な経常費用が発生します。Phoenixはクラウドに直接バックアップすることで、これら従来型システムの費用と山ほどのデータストレージを削減します。

従業員が重要なプロジェクトに集中し続けられるように

他の組織と同じように限られたスタッフでリモートサイトのバックアップを管理している場合、予測不能で高額なものとなるかもしれません。Phoenixは集中管理ソリューションを提供することで現地に管理者を派遣することなく組織の負担を減らせるようにします。

同じデータの保存に何度も支払う必要はありません

従来型のバックアップやアーカイブでは、ストレージに蓄積されたデータに対して費用を払っています。Phoenixのグローバル重複排除と永続増分バックアップにより、ストレージ容量やネットワーク帯域の使用率は最適化され、クラウドにおけるリーズナブルな価格設定と無制限保存の両立が可能になります。

データセンタークラスの可用性とガバナンスソリューションをお試しください

業界トップの統合データ保護にアクセス

無償トライアル