Newsroom

Latest news in enterprise data protection and governance

Druva、FedRAMP ATOを取得

米国政府の厳しい情報セキュリティ基準を満たすクラウドデータ保護および管理ソリューションを政府機関で利用可能に

2017/11/02

クラウドデータの保護および管理のリーダーであるDruva Inc.は、Druva inSyncがFederal Risk and Authorization Management Program (FedRAMP) のATO (Authority to Operate; 運用権限) を付与されたことを発表しました。FedRAMPはクラウド製品およびサービスのセキュリティ評価、認可、継続的な監視に対する標準化されたアプローチを提供し、安全性を確保しながら従業員の生産性を高めることができます。

政府機関はFedRAMP認定のSaaSサービスとして、パブリッククラウド上のDMaaS (Data Management-as-a-Service) を採用できるようになります。この認定基準により、すべての政府機関によって使用される厳重なセキュリティ要件をDruva製品が満たしているという確証が連邦政府機関に提供されます。また政府機関は、オンプレミス基盤の導入より先にクラウドサービスを評価および検討する米国政府のクラウドファースト政策を実現することができます。

Druva Inc.の共同設立者兼CEOであるJaspreet Singhは次のように述べています。「FedRAMP ATOを取得するための厳格なテストおよび検証プロセスをパスしたことで、当社の政府関連パートナーはDruvaのDMaaS製品をパブリッククラウド上で実行可能かつ安全なオプションとして提供できるようになりました。当社製品により、政府機関はデータサイロを統合し、クラウドファースト戦略を安全な方法で採用できるようになります。この最新のFedRAMP ATO指定は、政府関連顧客が目標を達成できるよう支援するという当社の継続的なコミットメントを裏付けています。」

パブリッククラウドに重要な情報を保存および管理しようとする政府機関は、FedRAMP認定のソリューションを使用する必要があります。この認定によりDruva inSyncはFedRAMP ATO指定を持つ80以上のクラウドソリューションの選択肢となり、Druvaがすでに持つSOC-2およびHIPAAセキュリティ認定をさらに強化します。Druva inSyncはFedRAMP認定のAWS GovCloudで運用され、FDA(Federal Information Processing Standard)140-2、HIPAA(Health Insurance Portability and Accountability Act)などのコンプライアンス基準に準拠しています。

Amazon Web Services, Inc.の米国政府担当ヴァイスプレジデントであるDavid Levy氏は次のように述べています。「Amazon Web Services(AWS)がAWS GovCloud(米国)の機能とサービスを拡大する中で、Druvaのクラウドデータ保護および管理機能により政府機関にデータ保護を強化する貴重なソリューションが追加されます。Druvaと協業して、政府の顧客のニーズに応えることを楽しみにしています。」

CSRA社のCTOであるYogesh Khanna氏は次のように述べています。「政府機関によるクラウドへの重要な情報の移行および保存を支援するには、多くの障害を克服する必要があります。これら大きな障害の一つは、政府機関が要求するセキュリティプロトコルです。CSRAの新興技術パートナーの1つであるDruvaがFedRAMP Moderate ATOを取得し、政府の顧客にこのサービスを提供することができることをうれしく思います。」

Druva inSyncは、Druva Cloud Platformの一つとしてエンドポイントおよびクラウドアプリケーションの情報を保護、保全、検出するために単一の統合コントロールプレーンを提供します。Druva inSyncを使用すると、コストやリスク、複雑性を削減しながら、業務上重要なデータの可用性と可視性を劇的に向上させることができます。

Druva Inc.の最高信用責任者 (Chief Trust Officer) であるAndrew Nielsenは次のように述べています。「従業員や市民のモバイル化に伴い、政府機関はデジタル変換ではなくデータ変換に直面しています。従来のインフラストラクチャを迂回し、モバイルデバイスやクラウド上で直接作成されるデータの増加によって、ミッションクリティカルな情報に対するセキュリティは重要性を増しています。DruvaのFedRAMP ATOにより、政府機関は包括的かつ統一されたセキュリティ管理によって認定されたクラウドデータ保護・管理ソリューションを採用できるようになります。」

Druva inSyncが政府機関にもたらすメリットについて詳細は以下を参照してください。
www.druva.com/government/

Druvaについて

Druvaは業界初の データ管理アズアサービス (Data Managemet-as-a-service) ソリューションを提供する、クラウドデータ保護と情報管理の世界的リーダーです。エンドポイント、サーバー、クラウドアプリケーションからデータを集約し、パブリッククラウドを活用して情報の保護、保全、検出を行う単一画面を提供します。これにより、業務上重要な情報の管理と保護に関わるリスク、コスト、複雑さを低減しながら、可用性と可視性を大幅に向上することができるようになります。

Druvaの受賞歴のあるソリューションはデータをインテリジェントに収集し、バックアップ、ディザスタリカバリ、アーカイブ、ガバナンス機能を単一の最適化されたデータセットへ統合します。業界で最も急成長しているデータ保護プロバイダーとして、Druvaは4000社以上のグローバルな組織に採用され、40 PB (ペタバイト) 以上のデータを保護しています。詳細はwww.druva.comをご参照ください。またTwitterアカウントはtwitter.com/druvaincになります。