Newsroom

Latest news in enterprise data protection and governance

Druva、クラウド時代のデータ保護強化に1億3000万ドルを調達

本調達によりクラウド向けに構築された業界初の最も包括的なデータ保護技術の世界的な急拡大と継続的革新を可能に

2019/06/20

クラウドデータ保護および管理のリーダーである Druva Inc.はViking Global Investorsが主導する1億3000万ドルの投資を発表し、総資本を3億2,800万ドルに増額したことを発表しました。今回のラウンドには、Neuberger BermanおよびAtreides Managementの助言を受けた特定ファンドを含む新規投資家と、Riverwood Capital、Tenaya Capital、Nexus Venture Partnersを含む既存の投資家の参加も含まれています。本投資は成長と世界的拡大の促進、新製品の革新推進に使われます。

Druvaの成功は、エンタープライズクラウドの急速な普及、データの急激な増加、規制環境の進化によってもたらされました。同時に、データ保護業界は急速な拡大を続けており、IDCは2020年までに「コピーデータ」の保存と管理に550億ドル*の費用がかかり、データ保護市場では約80億ドルの収益が見込まれると予測しています**。従来型ハードウェアベンダーが大部分を占める市場において、DruvaはAmazon Web Services(AWS)上に構築されたSaaSソリューションであり、顧客は複雑さを取り除いてコストを最大50%削減できるようになります。Druvaの特許技術により、ワンクリックの導入や全環境全方位での可視化と制御を提供するオールインワンのバックアップ、ディザスタリカバリ、アーカイブおよび分析ソリューションを利用できます。これまでに、Flex、Hitachi、Live Nation、Marriott、Pfizerなど、Fortune 500の10%を含む4,000社を超える企業顧客がDruvaを採用しています。

リバーウッドキャピタルのマネージングディレクターであるHarish Belur氏は、次のように述べています。「リバーウッドによるDruvaへの投資拡大をうれしく思います。2年前の最初の投資以来、会社の成長と成功は私たちの期待を上回りました。大規模に成長しているデータ保護市場に対するDruvaの独自アプローチは業界を変革し、世界最大級の企業や最も要求の厳しい顧客によって実証されています。私たちはDruvaの次の成長段階と協業を楽しみにしています。」

Druvaの創設者兼最高経営責任者(CEO)のJaspreet Singhは、次のように述べています。「データとビジネスの境界がぼやけてきました。来年のデータ管理市場は550億ドルに達すると予測されていますが、それでも20年前のソリューションが主流です。今回の資金は、Druvaがクラウド時代のデータ保護を強化し、企業顧客のニーズにより的確に応える動きをさらに加速させるのに役立ちます。」

業界からの追加のコメント

Amazon Web Services, Inc.のワールドワイドコマーシャルセールス担当バイスプレジデント兼ビジネス開発のMike Clayvilleは次のように述べています。「Druvaは、AWSパートナーネットワークの先進テクノロジパートナーです。AWSを利用したDruvaソリューションは、世界中の何千社もの企業でデータの管理や保護の手法を変えています。Druvaの最新の資金調達を祝福するとともに、Druvaの技術革新でお客様に役立つ新しいソリューションが創出されることを楽しみにしています。」

451 Research社のシニアアナリストであるSteven Hillは次のように述べています。「データ管理の課題は、企業データがホスティングされたSaaS、支店や拠点、パブリッククラウド、エンドポイントにわたって分散化が高まる中で増え続けています。ハイブリッドITは急速に普及しつつありますが、複雑さを軽減しながらデータを保護し、物理的な場所に関係なく情報を管理することに注力するDruvaのような企業は、進化のない企業よりも戦略的な利点を提供できます。」

Sequoia Capital(India)SingaporeのマネージングディレクターであるShailendra Singhは次のように述べています。「Sequoia IndiaはDruvaの最初の投資家として、JaspreetとDruvaチームが開発していた製品の斬新性に大きな可能性を見出しました。Druvaの製品機能と市場での採用は、それ以来ずっと私たちを驚かせ続けています。Druvaの大規模なエンタープライズデータ保護のためのクラウドネイティブアーキテクチャには大いに期待しており、これがクラウド時代のデータ保護において新しいカテゴリを定義する企業になると確信しています。」

追加情報

*IDC Market Glance: Copy Data Management, 2Q18, doc # US43745318 April 2018

Worldwide Data Protection and Recovery Software Market Shares, 2017: Slower Growth, doc # US42666018 August 2018

Druvaについて

Druvaは、クラウド時代のデータ保護と管理を提供しています。Druva Cloud PlatformはAWS上に構築され、サービスとして提供されます。ハードウェア不要で、キャパシティプランニングやソフトウェア管理の負担がなくなることで、コストを最大50%削減できます。Druvaは、最前線でクラウドを導入する世界中の4,000社以上の企業で採用されています。Druvaは、カリフォルニア州サニーベールに本社を置く株式非公開企業で、Sequoia Capital、Viking Global Investors、Tenaya Capital、Riverwood Capital、Nexus Partnersから出資を受けています。