日本の事例:

Phoenix の採用によりBCP対策の
遠隔地バックアップを低コストで実現

「思ったよりも簡単に導入することができました。バックアップの設定や対象サーバーの登録などインフラ担当者が設定ガイドを見ながら一人で行いましたが、販売会社への問い合わせも不要で完了しました。」

ファスフォードテクノロジ株式会社 情報システムグループ

小野 幸人 氏

ファスフォードにおけるPhoenix

  • 既存バックアップシステムの見直し
  • 長期的なバックアップデータの保持
  • 事業継続・災害対策のためのクラウドバックアップ

ファスフォードテクノロジ株式会社は日立製作所半導体事業部を起源とし2015年に日立グループから独立した、半導体製造工程の中のダイボンド (基板へのIC接着) 工程の装置を手掛け、メモリICの組立では世界トップシェアの企業です。製造関連の図面や在庫など、業務に欠かせない重要データのBCP対策や継続的なバックアップに課題を抱えていました。現在サーバー5台分、合計13 TBのデータをPhoenixで保護しています。

サーバーバックアップの課題

ファスフォードテクノロジ株式会社は、2015年に株式会社日立ハイテクインスツルメンツのボンディング装置事業部門が分社して新設されました。新会社設立以前は、分社前の別の事業所へデータの二次バックアップを行うことでBCP対策を実施していました。

「以前の運用では他拠点にバックアップを行っていましたが、トラフィックの輻輳によりタイムアウトが発生することが多く、継続的なバックアップが行われていませんでした。毎日夜間にバックアップを行っていましたが、成功するのは1週間に1度程度でした。」 (小野氏、以下同じ) また、バックアップの開始はスケジュール化されていたものの、日々の運用の手間が発生していました。

「月に数回、バックアップエラーが発生していました。エラーの調査や復旧に数十分から1時間ほどかかり、この作業に負担を感じていました。」

Phoenix の選定と評価の過程

 「ストレージが冗長化されているサービスはほとんどが予算をオーバーする価格帯でしたが、Druva Phoenixのみがコストと要件に合いそうでした。」

情報システムグループ 小野 幸人 氏

同社では2015年の新会社発足に伴い、従来行っていた他事業所へのバックアップについて代替案の検討が必要になりました。近郊ではない冗長化されたデータセンターにBCP対策のためバックアップを保持できることと予算の範囲内であることを条件にクラウドバックアップサービスの選定を始めました。

「遠隔地バックアップが行えるサービスをインターネットで検索したところ、十数件の候補が挙がりました。低価格帯のサービスはバックアップ先が冗長化されておらず、信頼性に欠けることから採用を見送りました。ストレージが冗長化されているサービスはほとんどが予算をオーバーする価格帯でしたが、Druva Phoenixのみがコストと要件に合いそうでした。」

同社はPhoenixが要件を満たすと判断し、Druvaの販売会社に問い合わせて無償トライアルを実施しました。

「回線が圧迫されないことと、バックアップエラーが起きないことを中心に検証しましたが、特に問題はありませんでした。以前の運用ではバックアップエラーが起きるたびに詳細を確認する手間が発生していましたが、トライアル中は一度もエラーが起きず、継続してバックアップを取得できました。復元も試しましたが、管理コンソールからファイルを選択して数クリックするだけで、戸惑うことなく簡単に行えました。」

 

Phoenix の導入とその効果

同社では、ファイルサーバーやOracleデータベースサーバーなど、合計5台のサーバーデータの二次バックアップとしてPhoenixを利用しています。

「思ったよりも簡単に導入することができました。バックアップの設定や対象サーバーの登録などインフラ担当者が設定ガイドを見ながら一人で行いましたが、販売会社への問い合わせも不要で完了しました。」

Phoenixの導入により、日々の運用も大きく簡素化されました。

「以前の運用と比べると手間がかからなくなりました。バックアップが正常終了したかどうかを自動通知メールで確認するだけの運用になりました。管理コンソールにアクセスすることもほとんどありません。」

また、従来はバックアップ対象外だったデータもPhoenixでは保護できるようになりました。

「一部のCADデータは差分容量が大きすぎるため、以前の運用では他のデータのバックアップへの影響もありバックアップ対象外としていました。Phoenixでは特許取得技術によりバックアップが効率化され、それらデータをバックアップ対象に含んでも問題は起きていません。」

Phoenixのグローバル重複排除機能により、変更のあるデータブロックのみをクラウドへ送信するため、以前は一週間に一回しか完了しなかった毎回のバックアップが現在では数分程度、長くても5時間ほどで完了しています。

現在ローカルの13 TBのデータをバックアップ対象としており、30世代ほどのスナップショットを取得していますが、その差分データを含めてクラウド上のストレージに保存されているデータ量はわずか4 TB程度です。従来型のバックアップソリューションの場合、定期的にフルバックアップが必要となり、同様のスナップショットを保持するには約300 TBのストレージが必要ですが、Phoenixはその70分の1で済み、課金も重複排除後の容量によるため費用対効果が非常に高いものになりました。

バックアップ設定に関しては、同社の環境に合わせて柔軟に調整しています。

「社内トラフィックに影響を与えないよう、バックアップの上限帯域を低く設定しています。また5台あるサーバーのバックアップはそれぞれ時間をずらして起動するように設定しています。このような細かい設定もすべてWeb管理コンソールから簡単に行うことができました。」

今後の展望

同社は今後、さらなるクラウド化を推進していく予定です。

「復旧をより迅速かつ容易にするため、自社システムをクラウドへ移行することを検討しています。また一部のシステムを仮想化し、仮想イメージのバックアップをPhoenixで行うことも考えています。仮想イメージであれば、PhoenixのDRaaS機能を活用してAWS上にDR環境を構築することができるため、その活用も併せて検討したいと思います。」

「一部のCADデータは差分容量が大きすぎるため、以前の運用では他のデータのバックアップへの影響もありバックアップ対象外としていました。Phoenixでは特許取得技術によりバックアップが効率化され、それらデータをバックアップ対象に含んでも問題は起きていません。」

PDFをダウンロード

データセンタークラスの可用性とガバナンスソリューションをお試しください

無償トライアル