AWSのデータ保護を始めましょう!

デモを依頼 14日間の無償トライアルを開始

Druva CloudRangerは、単一コントロールプレーンでクラウドに置かれたAWSワークロードに関する複雑なデータライフサイクル管理を簡素化し、コスト削減を実現します。Druva CloudRangerは、組織で広がるIaaSおよびPaaSデータのコントロールを維持するよう設計されたエージェント不要のソリューションであり、データ管理に係る日常業務を自動化し、顧客AWSアカウント内に置かれたワークロードデータが増加していく中で継続的な可視化を提供します

Druva CloudRangerの利用例

製品の特長

セキュリティ

SOC1, SOC2, SOC3, ISAE-3402, PCI-DSS Level 1, ISO 27001 の各認証を取得した、安全性の高いAWSインフラを基盤に構築されています。

ネイティブな設計

拡張性、効率性、柔軟性のためAWSネイティブのAPIおよびマイクロサービスを活用

エージェントレス

管理や更新にエージェントは不要であり、管理の手間や工数が最小限に

ストレージ最適化

AWSテクノロジーを利用し、増分およびブロックレベルのスナップショットを使用する高度な設計

世界規模

AWS環境全体でリージョンやアカウントをまたがってアクセスを提供する設計

AWS

SLAでデータ耐久性が保証され、あらゆる地域で複数のリージョンやゾーンでオンデマンドストレージが用意された、世界規模かつデータプライバシーに対応する分散ストレージ指向アーキテクチャ

Shaun Brady

「CloudRangerでは、スクリプトや特殊コードの構築は不要で、単にAWSタグを使用するだけで数分で複数スナップショットのスケジュールを作成できます。ユーザーインターフェイスは見た目がよいだけでなく非常に分かりやすいです。」

Rockwell Collins社 シニアシステムエンジニア Shaun Brady氏